開山堂右側にあるこの六地蔵様は、忠臣蔵で有名な赤穂浪士四十七士の

  冥福を祈るために正徳二年(1712年)明石の某寺に建立されたものです。     

  明治維新後の混乱のとき大阪船場の商家が引き継いでお奉りし、太平洋

  戦争の戦火を逃れ、縁をつたって当山に身を寄せられたお地蔵様です。