鶴舞山のご紹介

 

  鶴舞山は兼六園の南東約5キロの高台に位置し、夏は全山に繁る松の

 木陰に暑さを忘れさせ、蝉の声は大合唱となって山々に響き、都会人を

 驚かせます

 秋は紅葉などの木々が山を染め、冬の雪は水墨画のように凛とした無音

 の世界を創り出し、信仰のお山であることを感じさせます

 春ともなれば全山の木々が一斉に芽吹き、桜が季節の賑わいを奏で、桜

 のあとは山を覆うつつじが咲き乱れます

 中世の昔から要衝として常に出城が築かれ、度重なる古戦場となってい

 たところと伝わっています

 当山の山号は、つがいの丹頂鶴が季節はずれの晩春に金沢方面より飛

 来し、当山の上空をゆっくり三度周って再び金沢方向へ飛び去りました

 この時、野良仕事に出ていた麓の人々が不思議なつがいの鶴の飛来を

 見て驚き、瑞兆として伝えられたものによります


鶴舞山から眼下に金沢市街を見渡せます

手前の屋根は弁天堂です 

白寿観音様です
  日本最大の
愛染明王様です
  いろいろな観音様がおられます
  木々に囲まれた
弁天堂です